JINS

メガネの自動販売機?!

2012年8月 2日

メガネを自動販売機で売る?「まさか」と思われるかもしれません。でも、見てください。これは、イオンモール名取(宮城県名取市)や、ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)に設置している、JINSの自動販売機です。

JINSの自動販売機

売っているのは、JINSPC。そう、パソコンやスマートフォンから出る有害なブルーライトを遮断するためのメガネで、いま、爆発的に売れている商品です。度なしの商品ですので、測定も加工も不要ですから、自動販売機で販売するというチャレンジをしてみているんです。

「よくそんなことを思いつきますね」と言われることがあります。

でも、これは私は前々から持っていたイメージなのです。メガネを買う際には、「フレームを選んで、測定して、加工して...」ということで、人手を介して非常に長い時間がかかるものです。その問題を解決したいな、と思っていたんです。お客様の購買体験として、もっと簡単に、自動販売機のように買えれば便利なのに、というイメージを持っていたのです。ですから、その実験です。さすがに、お客様に合わせて度数を調整するメガネは、自販機では提供できませんが、度なしのJINSPCならそれが可能です。

自動販売機というインフラを用意して、JINSPCを販売することで宣伝効果もありますし、もちろん、売れれば収益になるという、一つの思い切ったチャレンジです。

それに、私は、JINSPCを「社会事(しゃかいごと)化しないといけない」と思っているんです。単に、ヒット商品ができました、という以上の価値を、社会に提供するという意味を持たせたいんです。その礎になる、一つの実験ともいえますね。

新しいことにチャレンジしなくなったら、会社からダメになってしまいます。「常に、新しいことを生み出していく」、という感覚をトップから現場まで、みんなが持っていないとダメだと思うんですよね。

※社長メッセージは記事掲載時点における最新の情報や考えを、敢えてそのまま掲載しています。よりタイムリーにメッセージをお伝えすることを重視しているため、メッセージ内で掲載されている内容と、公式に発表されている実際の取り組みに多少の差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。