JINS

メディアについての考え方

2012年10月 3日

最近、テレビを中心に、様々なメディアに取材して頂く機会が増えました。

といっても、私は「個人として」取材を受けることはほとんどありません。ジェイアイエヌという会社や、JINSという事業について語る取材がほとんどです。一般の消費者の方に広く販売する商品を扱う企業としては、大変ありがたいことです。

では、どうすればメディアと良好な関係が築けるのか。それには、そもそも私たちが「メディアが取材したくなるような企業や事業」であることが前提です。

そして、「志やビジョンが明確であり、そのメッセージを発するリーダーがいる」ということが大切だと思うのです。私が個人としての取材を受けることが無い反面、事業を語る取材に積極的に応じているのは、やはりメディアを通じて私たちの考えやビジョンを真っ直ぐに伝え、様々な方々にファンになって頂くことが重要だと思っているからです。そのための責任を、トップとして果たすべきだと思っているからなのです。

志やビジョンが明確でないと、話すことも明確になりません。どうしても、歯切れが悪くなってしまうんです。

もし私たちが、「売上と利益が全てです」、という考えの会社であれば、メディアにも堂々と歯切れよく伝えることはできないと思うのです。きっと何か、取り繕うための大義名分のようなものを持ち出してきて、適当なことを言わなければいけないな..となってしまいます。

まだまだ途上ですが、最近は自分自身が発する言葉に、以前より自信が持てるようになりました。それは決して恰好の良い話ではなく、志やビジョンをはっきりすることができないままに経営していた頃を振り返り、強く反省して、そう思うのです。

メディアを通じて、JINSや当社に興味を持ってくださった方ももちろん歓迎です。明確になってきた志とビジョンを一緒に達成しよう、と考えて頂ける方は、ぜひコンタクトしてください。

※社長メッセージは記事掲載時点における最新の情報や考えを、敢えてそのまま掲載しています。よりタイムリーにメッセージをお伝えすることを重視しているため、メッセージ内で掲載されている内容と、公式に発表されている実際の取り組みに多少の差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。