JINS

安倍総理からの電話

2013年4月 1日

3月8日の朝一番に、内閣官房広報室から電話がありまして、「本日、安倍が、田中社長にお礼を伝えたいとのことです。17時10分くらいに連絡がつく電話番号を教えて頂けないでしょうか。」ということでした。

いわゆるアベノミクスの一環で、「業績のいい企業は賞与でも一時金でもいいので、どんどん従業員に還元してほしい」というお話がありました。弊社は、おかげさまで業績が順調なので、追加で賞与を出すと決めました。それが年収6%以上のアップにつながったということで、首相からお電話を頂いたのです。

その当日、私は渋谷ヒカリエで、大きな新卒採用のイベントでして、17:10分ごろ、登壇前の控室で電話を受けました。

「安倍ですが、この度は、安倍政権の政策に賛同していただきありがとうございます。」とメッセージを頂き、私からは、「日本のプレゼンスを高めるため、今後は世界でも頑張っていきたい」といったことをお伝えしました。

首相からお電話を頂くのは、なかなかない機会です。私たちの事業が、社会と確かにつながっていることを実感する出来事でした。

※社長メッセージは記事掲載時点における最新の情報や考えを、敢えてそのまま掲載しています。よりタイムリーにメッセージをお伝えすることを重視しているため、メッセージ内で掲載されている内容と、公式に発表されている実際の取り組みに多少の差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。