JINS

心の書、三冊

2013年10月15日

前回のメッセージで、当時お世話になっていた税理士の先生から座禅や水行を勧められたところから、精神修養の大切さを学び始めたというお話をしました。

実は、その先生に紹介して頂いた本が、今でも私の「心の書」となっています。

1.「沢庵 不動智神妙録」 沢庵宗彭 著
2.「五輪書」 宮本武蔵 著
3.「剣禅話」 山岡鉄舟 著

この三冊が、私に大きな影響を与え続けてきました。

共通点としては、「剣に生きる姿勢の中に、人としてのあり方が示されている」ということでしょうか。

「剣」を「経営」に置き換えると、現代に生きる私たちにも本当に大切な示唆があります。

古い本ではありますが、ぜひ読んでみて頂ければと思います。

※社長メッセージは記事掲載時点における最新の情報や考えを、敢えてそのまま掲載しています。よりタイムリーにメッセージをお伝えすることを重視しているため、メッセージ内で掲載されている内容と、公式に発表されている実際の取り組みに多少の差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。