JINS

道を切り拓くのは、やはり実行力

2015年11月30日

先月、ヨーロッパに出張をしてきました。
いくつかのミーティングと視察を終えたのち、今回は現地で活躍する日本人の方々とお会いする機会がありました。

日本から料理人としてヨーロッパに渡り、ベネチアに行き着いてベネチアングラスのアーティストとして世界的な存在となっている人。

20歳でフランスに渡り、修行期間を経て30歳代ですでにミシュランの星を獲得しているシェフの人。

それぞれ、なぜ日本を離れてヨーロッパにたどり着き、ここでどんな出会いがあってこのような人生になったのか。
お聞きすると非常に興味深いものでした。

若くしてヨーロッパに渡る人は、意外と少なくないのかもしれません。毎年、何十人、ひょっとしたら100人以上が、旅行以外の目的で日本を発ってヨーロッパに渡っているはずです。その中で、成功して向こうに残る人、成功して帰ってくる人、失敗して帰ってくる人、さまざまな人たちがいます。

今回の出張で私なりに感じたことは、やはり差が生まれるのは徹底した「実行力」なのだなということでした。

私にとっても、自分自身を振り返るいい機会になりました。

商売にチャレンジし、生き残りをかけてもがいているうちに少しずつ成長し、そのうち商売の面白さに気づき、さらに成長するために志をもつようになった、という道のりを思い起こしました。

そして今、志を達成するまでの道のりがまだまだ遠いとわかっているからこそ、「実行」し続けています。

最終的に道を切り拓くのは、やはり実行力。

ヨーロッパで活躍する素晴らしい日本人を見て、その想いを新たにしました。

※社長メッセージは記事掲載時点における最新の情報や考えを、敢えてそのまま掲載しています。よりタイムリーにメッセージをお伝えすることを重視しているため、メッセージ内で掲載されている内容と、公式に発表されている実際の取り組みに多少の差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。